近年、爆発的に普及している携帯電話。
スマートフォン通称『スマホ』

通常の通話だけであれば折りたたみの
携帯の方が使いやすいと言う個人的な
話は置いておいて (笑)

周りを見渡すとスマホを持っている人で
埋め尽くされている感じです。

電車、バスに乗っていても車の運転中に
周りを見渡すと隣の車の助手席の人も

お客様から良くご質問を受ける内容として
『家でパソコン使わないからスマホで更新
出来るカーナビは無いの??』

スマホで何でも調べられる時代。
パソコンを使う方がどんどん減っていって
ご自宅に無い方が増えているイメージです。

今回は各メーカーでスマホを使用して更新
出来るメーカーをまとめていきたいと
思います。

成長の時代を支えた携帯が今では
『ガラケー』ガラパゴス・ケータイ」の略で
ガラパゴス諸島の生物となぞらえた用語

少し寂しく感じます。。。(余談です。)

スマホで地図更新出来るメーカーは
アルパイン、イクリプス、カロッツェリアの
3社になります。

先ずはアルパイン
ユーザー登録が必要になりますがカーナビと
スマホを予め登録しておく。

スマホのテザリング機能をONにする。

利図更新準備用プログラムデータの
ダウンロードを行う。

ダウンロード可能データを確認。
地図更新→ダウンロード を行う。

データの更新を行って終了。

私のオススメは全データ更新はデータが
大きいのでメーカーからDVDを貰いやる。
高速道配信はスマホが良いと思います。

イクリプスの場合は
差分更新になりますのでデーター量もさほど
大きくは無いです。

スマホのテザリング機能で行います。
先ずはカーナビとスマホを接続しておく
必要があります。

接続が終わった後はMENU→情報→
地図データ。ダウンロードするを
選択して終了です。

カロッツェリアですが楽ナビとサイバーナビ
2シリーズ展開しているのですがサイバー
ナビのみスマホを使っての更新可能です。

サイバーナビのみアプリを使用します。
「スマートアップデートforカロッツェリア」

他の2メーカーと違うのが先ずは
アプリにデータをダウンロード。

その後カーナビにWIFI接続で送る。

事前にアプリにデータをダウンロード
出来るので通信環があるところで行えば
データ量を一切気にする必要がありません。

3メーカー共に大前提でスマホ側に
テザリングの機能が必要です。