お店で接客しているとたまに聞かれます。
『英語で案内してくれるナビありますか?』

『あります。』と答えますが、実は英語が
苦手なですので英語表示にしてしまうと
元に戻せなくなるので売り場の表示は

常に日本語表示にしてあります。笑

他にも

お客様の方でも調べて来られるケースも多く
『クラリオンのナビはありますか?』
『英語に対応しているのはクラリオン?!』

ではクラリオンのナビは実際どうでしょう?

英語の表示に対応。はしています。(一応)
細かく説明していきますね。

現在クラリオンから発売しているカーナビは
9インチサイズのNXV987Dの一機種に
なります。(車両側が対応していないとNG)

クラリオンの英語に切り替える方法ですが
メニューボタンを押す→画面が四分割
されますので、その左下のエリアの設定を

押して頂き言語選択のボタンを押します。
TextとVoiceの項目がありますので
音声案内のみの英語で宜しければVoiceを選択

音声案内だけで無く、画面表示も切替えたい
そんな方はTextの項目を選択して下さい。

1点注意して頂きたいのが画面表示ですが
地図画面の地名などは日本語のままです。

目的地検索の名前(フリーワード)や住所
施設リスト等も日本語のままになります。

オーディオ画面の情報表示等も日本語のまま

私自信が日本人ですので全く不便を感じない
のですが、私がアメリカ等外国に移住する事
になった場合にどうなのかな?って。。。

英語表示のカーナビ。日本語対応のナビを
探した場合に・・・日本語表記の無い
地図画面だった場合。。。

日本から出たことすら無いのでイメージが
沸きませんがそもそもの地図を見ても
分からないから英語表示ができなくても

良い気もします。標識には英語表記も
増えてきたから地図画画面も英語の方が
良い気もします。難しいですね・・・

英語に対応しているカーナビですが
クラリオン以外ですとアルパインが対応
しています。

アルパインのナビは7型~車種専用の
11型迄幅広くラインナップをしてます。
今は7型のナビは生産終了となってます。

機種毎の画面の大きさの違いがあれど
他の機能面に関する所は一緒です。

設定方法ですがナビボタンを押して頂き
設定ボタン→各種設定の項目にいきます。

その他の項目を見ていって頂くと
英語設定がありますので→するに変更。
設定はコレだけで完了です。

画面表示も音声案内も両方とも英語に
変更されます。

対応している範囲もクラリオンのナビと
違うのですが、まずは良い意味で違う点
から紹介していきます。

地図上の住所等が英語表記に変わる。

日本に住んで数年経ってる方には
日本語だと読めない所も英語表記で記載
されてるので読みやすいですね。

クラリオンと同じ所もあります。それは
住所検索やフリーワード検索が日本語。
英語での表示が非対応のところ。

アルパインのナビはメニュー画面も英語
表示は一部のみで殆どが日本語表示
クラリオンに比べて使い勝手が悪い。

クラリオンのナビの地図表示が英語に
対応できれば言うことなしですね!!

他にも有名所ですとイクリプス
カロッツェリア、ケンウッド
パナソニックとありますが英語対応は

アルパインとクラリオンだけになります。

ナビ明がまとめますと地図画面を見て
英語になっていないと駄目な場合は
アルパインがオススメ。

地図画面上から目的地を決める場合は
良いと思います。殆どそんなケースは
無いと思いますのでメニューが英語の

クラリオンを全体評価ではオススメ。
実はクラリオンが英語表記については
長く展開されています。

地図画面の英語表記も採用されると
言うこと無しですね。

社外品のナビでは初の3年保証も
付けていますので言う事無しです。