カーナビ純正と社外はどちらが良いと思います?ナビ明的には

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

車を新車で購入する場合は選ぶ形になるし
中古で車を購入する場合も既に付いてる
カーナビがどういった物か知っておくべき!

後で後悔しない為にも大事。
ナビに対して安ければ良い。何でも良い。は
ナビ明的には危険だと感じてます。

大体トラブルになるのはそういった方。
『何でも良くないんじゃん!』って思う。

子供じゃ無いんだから言った責任は
取ってくれ!って心で思うが・・・
そうはいかない。

購入者も販売者も人間ですからね。
ナビ明はいつも思う。

話がズレました。が・・・
車に付いているナビですが

純正と呼ばれるタイプと社外と呼ばれる
タイプの2つに大きくさい分かれます。

簡単な違いをお伝えしづつ、ナビ明が考える
オススメのタイプもお伝えしてきます。

純正のナビは車の登録台数が多いトヨタ車を
代表に紹介してきます。

先ずは純正のナビですが大きく分けると3つ

①もともと標準でディスプレイオーディオが
付いていてそれにナビキットを追加のケース
最近増えてきたタイプです。

②メーカーオプション。車の注文と同時に
手配するタイプ。高額だが最高の物が
手に入ります。

③ディーラーオプション。後付けも可能な
タイプ。社外のカーナビに一番近いです。

一つずつ解説していきます。

最初にディスプレイオーディオから

ディスプレイオーディオが標準装備の車
アルファード、ヴェルファイア、C-HR
ヤリス等が代表的な車種です。

今までオーディオレスと言って穴ぼこが
オーディオ装着のスペースに空いてたのが
空かず必ずディスプレイオーディオが付く。

後から自分の好きな様にオーディオスペース
いじるのが不可能になりました。
以前乗ってた車からナビの乗せ換えも不可。

中々の曲者です。

ちなみに標準装備という形で最初から
ディスプレイオーディオが付いてきてる場合

ナビを使うにはスマホが必要です。
更にアプリでスマートデバイスリンクなる
アプリも必要になってきます。

実際の地図はLINEカーナビや
TCスマホナビを使用する形になります。

ディスプレイオーディオとスマホの接続は
ブルートゥース接続になります。

かなり高度になる上に中々接続が出来ないと
声が上がています。

色々スマホをいじって操作を模索出来る方
以外はオプションのナビキットの購入を
おすすめします。

例えとしてヤリスを例にして紹介します。

ナビキットには2種類設定があります。
一先ずナビがあれば良いという方は
スタンダードのエントリーナビキット

金額的に66,000円プラスになります。
TVを見たい方は更に33,000円。

CD,DVDの再生もしたい方は
CD,DVDデッキ41,250円も必要。

トータル140,250円追加で掛かります
意外と料金が発生します。

後からでもナビキットやCDDVDデッキは
追加できますので後々の検討でも良いと
ナビ明は考えます。

車の購入検討は慎重になった方が良いかも?
ディスプレイオーディオはここ1年位で
急激に装着の車が増えてきてます。

スマホを持っていてもそもそもアプリが
対応でちゃんと動作するのか?

試乗車等で試せるようでしたら是非先に
試して頂く事をおススメします。

それでなければ最初からナビキットTV
CD、DVDデッキを装着で検討された方が
今の段階では良いのかもしれません。

因みにCD,DVDデッキですが
全てのディスプレイオーディオに
装着可能では無いんです。

CD,DVDデッキを装着可能の車種を
選ぶのが良いと思います。

ナビ明だけですか?CD,DVD再生不可と
言われて不安になる人は??

若い年代だ車離れだからといって
若い世代に車の仕様を寄せすぎるのは
どうかと思う。

確かに大事な世代ですが、今までの世代が
ないがしろにされているようにも
感じてしまう。

ここではCD,DVDデッキ装着出来ない
車種の案内は控えておきます。

ディスプレイオーディオの装着車が
増えてきて、素直に凄いなぁ~と感じたのが

アンドロイドオートとアップルカープレイ
この二つに対応した。

現状はTVを見れるように追加した方のみ
アンドロイドオート、アップルカープレイに
対応なのですが・・・

2020年6月からは標準で使える様に
するみたいです。ヤバく無いですか??

この二つのアプリにナビ側が対応した事が
かなり嬉しいのと同時にメチャメチャ便利。

興味のある方はアンドロイドオート または
アップルカープレイ検索ですると細かな
説明があるので是非見てみて下さい。

ナビ明はこの二つのアプリにかなり未来を
感じまくってます。

次にメーカーオプションナビですが
先ほどのディスプレイオーディオと似てる
所もあります。(特に見た目?!)

パネルと一体型になってるのが多い。

予算的に収まるのであれば
メーカーオプションも良いと思います。

メーカーオプションの設定のある車種は
その車種専用のナビ、スピーカー等を全て
組み込んでます。

スピーカーの数も通常よりもかなり多い。
ナビ明的にはこれがかなり羨ましい。

最後にディーラーオプションのカーナビ
設定のある車種が無い場合もありますが

オーディオの所に長方形のナビが取り付け
出来ます。何種類かあるナビから選ぶので
予算的、機能的に選ぶ事が可能です。

ディーラーオプションの設定がある車種は
社外のナビを入れる事も可能です。

社外ナビとディーラーオプションのナビは
殆ど機能的にも近いです。

新しい機能等は社外ナビの方が早く
取り入れられます。カーナビに求める機能が
決まってる方は社外ナビがオススメ。

車の納車と同時にナビが付いてる状態が
良い人で大きなこだわりが無い人は純正の
ナビがオススメです。

純正と社外でカーナビの価格を比べる方が
居ますが、純正のナビの場合付けるのと
付けないのとで車両の値引きも変わります。

その差もナビのナビの値引きとして考えて
両者を比べて下さいね。

ナビ明は社外のナビの方が後々、発展性が
高いので好きです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
nabinaryをフォローする
~ナビナリー~ カーナビで快適なドライブ空間を楽しむ
タイトルとURLをコピーしました